ほてつぶつ 【補綴物】補綴

失われてしまった歯の部分を補綴物(ブリッジ、義歯、インプラントなど補綴に使用する人工物)によって補い、見た目と機能を回復させること。 5年ほど経過すると、インレーのまわりからむし歯になる可能性があり、更に削って次の補綴物にする。しかし、これも同年はもたない。最初は小さなレジンを詰めたものが、やがてフルカバーレジンとなって歯全体に被せ、それがダメになればブリッジに、そして歯の神経をとり、そのブリッジが壊れたときは、いよいよ歯を抜かなければならないという可能性が高くなる。結局、神経を抜いた歯が割れるなどして壊れて抜けてしまうまでは平均数年という。このように一度歯を削ってしまうと、最終的に自分の歯を失うことになりかねない。簡単に歯を削るのは、将来の自分の歯のために何に良くないか、ということが分かる。 初期のむし歯であれば、削ることなく再石灰化やフッ素を塗るなどの処置方法でむし歯を止められる可能性がかなり高いという事実もある。 むし歯が大きくなる迄に、およそ数年かかる。削ってレジンを詰めた場合、 5年ほどで再度削る必要が出てくる。歯科医は出来る限り歯を削らない方が良い。