インプラント治療の前に

インプラントは最新式の治療方法、夢の人工歯の登場などと多くの歯科医院のパンフレットに書いてある。しかし実際には、数日間の講習会で数例の臨床例を学んだだけで、 一人前のように治療する技術の未熟な歯科医も多く、危険な面もある。インプラントの一番の問題点は、失敗した場合に歯ぐきの中の骨がえぐられてなくなっているため、その後に良い入れ歯をつくるのは困難となる。またインプラント治療では手術のみではなく、その後のメンテナンスも含めて保証期間を設けている歯科医院もある。しかしこのメンテナンスの過程で、成功と失敗の明暗がハッキリしてくる場合もある。つまり成功したはずのインプラントが、失敗だったという可能性が数年後に起こるかもしれないという怖さを秘めている。

最近の歯科医は、入れ歯(有床義歯) で悩んでいる人にインプラント治療を勧めることが多くなってきている。確かにインプラントは、入れ歯とは比べものにならない快適性は得られるが、歯科医の技術が未熟な場合、悲惨な結果になることはこれまで述べてきたとおりである。そこで、インプラントのトラブルに道わないための防衛策を紹介しよう。まず大切なことは、別の歯科医院でのセカンド・オピニオンを受けること。その上で、セカンド・オピニオンの歯科医のほうが信頼できそうな場合は、そちらにすることもありえる。できればインプラント反対派の歯科医に行ってみるのもよい。