インプラント

インプラントを埋め込み、人工歯をつける しこん インプラントとは、歯の根っこ(歯根)の代わりにネジ状のものを直接顎の骨に埋め込む人工歯根のことである。むし歯や歯周病、そしてケガなどが原因で歯が根元から完全に抜け落ちた状態になると、その歯の代わりになるものとして、以前は取り外し式の入れ歯やブリッジが通常用いられてきた。しかし口の中で機能させるために、ブリッジの場合は隣や周辺の歯を削らなければならないし、入れ歯の場合は残された歯の中で、土台となる歯の負担が過剰になりやすく、やがてその歯も失いやすいといった欠点がある。口の中に装着する装置が大きくなればなるほど、それに伴う異物感や噛みにくき、味覚障害や発音障害も大きくなるといった問題も起る。これらの問題を、ある程度解決するものとして、発展しているのが「第3の歯」といわれるインプラントである。インプラントが登場してから、すでに却年近くが経過した。