ホワイトニングの持続期間

ホワイトニングをした場合、一部の人には痛みなどが出る知覚過敏が起こることがあるそうです。これは、ホームホワイトニングよりも、強い薬剤を短時間に反応させる歯科医院でのオフィスホワイトニングのほうが起こりやすいようです。不安に思うかもしれませんが、ホワイトニング前に対策すれば、ある程度予防できます。


たとえば、ホワイトニングをする何週間か前から、知覚過敏用の歯みがき剤を使っていると症状の抑制などが期待できるそうです。知覚過敏用の歯みがき剤には、フッ素や乳酸アルミニウム、硝酸カリウムなどが含まれているものが主流です。これらが、象牙質の中の細かい管をふさぎ、知覚過敏を感じる神経の興奮を抑えてくれるそうです。ホワイトニング前だけでなく、ホワイトニング後に知覚過敏が出た場合でもこれらの歯みがき剤は効果があるそうなので、試してみるといいかもしれません。有効だといわれています。


ホームホワイトニングでは、痛みなどがあるのであれば、トレーの装着時間を短くする方法がいいと思います。また、フッ素の入った知覚過敏を抑える薬剤を使うと軽減できる可能性があります。


ホワイトニングは一度やっただけで、将来ずっと歯を白く保てるわけではありません。日常生活をしているうちに、再着色が起こります。ホワイトニングの効果がどれくらい続くかは、その人の生活習慣によって異なります。一般的には、オフィスホワイトニングのほうが、ホームホワイトニングよりあと戻りしやすいといわれています。


オフィスホワイトニングとホームホワイトニングと併用すると、効果が持続しやすいそうです。