ホワイトニングの方法

美白の歯みがき剤を使った歯みがきや、歯科医院でのクリーニングなどで、歯の表面についた着色汚れを落とすことは可能です。しかし、自分の歯が持つ本来の白さ以上の白さにすることは難しいでしょう。


最近では、より白い歯になりたいと考える人が増えているそうですが、そんな人におすすめなのがホワイトニングです。ホワイトニングでは、エナメル質や象牙質の黄ばみを薬剤で漂白します。そのため、自分の歯を削ることなく本来の歯の色よりも白くすることができるといいます。ホワイトニングで使われる薬剤は、過酸化水素や過酸化尿素などの漂白作用があるものが一般的なようです。
また、ホワイトニングにはいくつかの種類があり、大きく「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」「ウォーキングブリーチ」の三つに分けられます。


一つ目のホームホワイトニングは、自分で歯を白くするもの。歯科医師の指導に従って、薬剤と専用の器具を使います。この場合、まずは歯科医院を訪れ、口の中がホワイトニングをできる状態かどうか調べてもらう必要があります。可能であれば、歯に薬剤を保持させるためにマウスピースの形をしたホワイトニングトレーというものを作るそうです。だいたい受診の1週間ほどでできあがり、ホワイトニングトレー漂白用の薬剤を受け取ります。あとは自宅で薬剤を入れたマウスピースをはめてホワイトニングをしていきます。
薬剤の濃度が低いため、即効性はそれほどなく、徐々に歯が白くなっていくそうです。