ホワイトニングの注意点

ホワイトニングを行う歯科医院が増えていますが、かといってホワイトニングの技術が高い施設が増えているというわけではないそうです。歯科の診療報酬は低くなる傾向にあるそうで、経営の観点から自由診療であるホワイトニングに取り組む場合があるからです。ホワイトニングは設備投資が少ないため導入しやすいといえます。ですので、それほど得意ではない場合でもホワイトニングを導入する歯科医院もあるようです。しかし、ホワイトニングは可能な患者とそうでない患者かいるため、それを見極めることができなければなりません、また、白さに対する細かい希望を実現するためには、知識や経験も欠かせないでしょう。
ホワイトニングを考えているのであれば、ホワイトニングの専門施設や経験の豊富な歯科医院のほうが良いと考えられます。


アメリカのスーパーでは、日本のホームホワイトニングで使われるようなセルフホワイトニングキットが手に入るそうです。これは、ホワイトニング先進国であるアメリカならではだといえるでしょう。アメリカは日本よりも口腔ケアに対する意識が高く、毎日のケアでデンタルフロスの使用が徹底されているほどだといいます。そして、定期的に歯科医院でメンテナンスをしている人も多いと聞きます。日本では、メンテナンスのために歯科医院に通う人はそれほど多くないでしょう。そのため、何も知らない人が海外で売られているようなにキットを使うと、歯髄炎を引き起こす危険性があります。海外のキットを使う場合は、先に歯科医院で確認してもらった方が良さそうです。