ライバル店から仕入れる

並べていた古本が売れていくのは嬉しいものです。 せっかく仕入れても誰にも買ってもらえないとなると、古本屋としての存在が危うくなります。 売れてこその店舗と言えるわけですが、順調に売れていても油断は禁物です。

本がお客さんの手に次々と渡っていくのは良いものの、減る一方で古本を新しく調達できなくなる状況になってしまう場合も少なくありません。 お得意の仕入れ先を複数用意していれば別ですが、それでもコンスタントに安定して仕入れることができるかというと、なかなか難しいのが現状です。 訪問買取や出張買取という手もありますが、掘り出し物に出会える確率はそれほど高いとは言えません。 出ているあいだは店を閉めなければなりませんし、長々と探していると売り上げに響いてきます。

同じ仕入れということであれば、ライバル店から持ってくる方法をおすすめします。 相手方は歓迎しないでしょうが、ギリギリの利益でかろうじて首が繋がっているのが古本屋です。 潰れることを考えると手段を選んでいるような余裕はありません。 本来は価値があるのになぜか格安で置かれているような古本が狙い目です。 なぜこのような事態が起こるかというと、そのお店の人が本の価値を分かっていないからで、 経験の浅い若い人が経営している場合や、古本の知識がない人に現場を任せているような店舗は、掘り出し物が見つかる確率が必然的に高まるのです。

こういった特徴の古本屋ばかりを狙って回収していけば効率よく仕入れができますね。 しかし狙っているのは我々だけではありません。同じように考えていろいろな店舗をまわっている人たちもいます。 彼らに先を越されないように着実に古本をゲットできるかが勝負のカギです。