包装にもひと工夫を

古本屋が無事開店。お客さんも来て順調にスタートを切れたとしましょう。 実際に本の買い手がついたとき、ただ普通に売ろうとしていませんか? もちろん古本は売れてナンボの世界ですし、利益が出なければやっていけません。 とにかくお客さんを集めて少しでも多く買ってもらえればそれほど良いことはありませんよね。

とはいえ本を売る際にお客さんにそのまま渡すのはちょっと物足りないかもしれません。 本屋さんでよく本を買ってるという方は分かると思いますが、本を買うときはむき出しではなく何かしらのカバーをかけてもらえます。 中身の本が読めれば問題ない人でない限り、このブックカバーをかけてもらうのが楽しみな人もいるのではないでしょうか? カバーはどの店舗も同じというわけではなく、そのお店ごとに色とりどりの特徴があります。 中にはカバー目当てであちこちの店舗をまわり、コレクトしてるなんて方もいるかもしれませんね。 同じように古本屋で本を売るときも、ブックカバーをかけてみることをおすすめします。 大手の書店ほどの立派な丁重でなくても良いですし、むしろ手作り感が出ていたほうがそのお店の味が出て、親しみを持ってもらえますよ。

とはいえ「ただでさえ厳しい経営状況なのに、カバーにまでお金をかけてられない」と心配になる方もいるかもしれません。 確かに利幅を考えると少しでも節約したくなる気持ちは分かります。古本にそこまでする気になれない人もいると思います。 ですがカバーが好評となり、お店が繁盛するケースも夢ではありません。 また包装に使う紙やデザインのコストを抑えれば、11円もかからずに作ることも可能なので、迷っている方はぜひカバーを試してみてください。