古本探しをお手伝いしよう

古本屋をやっていると「この本ずっと探してるんだけど、見つからなくて……。よかったら探してもらえないかな?」といった依頼がくることがあります。

この場合、依頼があった本のタイトルを記録し、入荷したら連絡するという流れになりますが、お目当ての本がすぐに入ってくることはまずありません。 たいてい年単位で月日が経っているもので、お客さんが探していた古本が入ったとしても気づかずに放置されるケースもザラです。 しびれを切らしたお客さんが訪ねてきて、「この本もう入ってるようだけど?なんで教えてくれなかったんだ」とクレームを言われることも少なくありません。

その時点でお目当ての本が残っていればまだ良いものの、入れ違いで他の人に買われてしまった後だった場合、お客さんからの信用さえ失ってしまうおそれがあります。 せっかく自分の店舗を訪ねてきてくれたうえに依頼までしてくれたお客さんです。一度は入荷していたわけですから、期待に応えられないのは残念ですよね。 とはいえ依頼してくる人は日々増えていきますし、見つからない古本のリストだけが膨れ上がっていくのが現実です。

そうなると数年前に頼まれたものが埋もれてしまうのは当然で、今日入荷したからといって簡単にクリアというわけにもいきません。 これが従来の古本屋の運命でした。でも現代は違います。今はネットの普及で全国の書店を検索対象にできます。 登録してあるところに限りますが、日本各地の古本屋から情報を瞬時に手に入れ、お客さんが探している本がどこにあるのか分かるのです。 リサーチして在庫がなかった場合でも、入荷した時点、それも早い段階でお客さんに連絡できるのは大変価値あることと言えます。