子供の矯正歯科治療

口唇・口蓋裂の子供の矯正歯科治療は、どのように行うのか。関連病院殿連携で治療します。口唇・口蓋裂とは生まれつき上くちびるが最後までくっついていない症例を口唇裂、上あごの歯の生える部分と奥(口蓋)がくっついていない症例を口蓋裂という形を取ります。 これは東洋人には比較的多い先天的な病気で、日本人の場合、五~六百人に一人の割合と言われ、大半の方が口腔外科か形成外科での手術と併用して、歯の矯正治療が必要になってきます。なぜかというと、上あごの骨のない部分には本来歯の生えている場所が無く、一方では手術の影響で上あごの成長が妨げられることもあるので、歯が納まりきらずにデコボコになったり、受け口になったりすることが多いからです。口唇・口蓋裂の治療の流れは、まず赤ちゃんの時に、割れているくちびるや上あごをふさぐ外科手術をします。生後二~三カ月でくちびるの手術をし、言葉を話し始める一歳~一歳半ぐらいの間にあごの手術をすることが多いのですが、最近は技術も進歩し、くちびるとあごをどうじに手術できる施設もできてきました。また症例にはいろいろなパターンがあるので、それに合わせて時期や方法を決めていきます。必要な場合は、永久歯が生えてくる前の五~六歳ごろに、欠けている部分に骨を移植して生えかわりを助けたり、歯を動かすための土台を作ったりします。そして、前歯が永久歯に生えかわったら、歯並び弥咬み合わせを整える矯正歯科治療に入ります。骨の移植は口の中の状況によっては、永久歯に生えかわってから行うこともあります。程度の軽い患者さんの場合は、永久歯が生えそろってから、最後に一度の矯正歯科治療で済むこともあります。一方、大人になってから再び矯正治療をしたり、インプラントをして差し歯やブリッジなど、人工的な補綴治療が必要になる場合もあります。健康保険の適用も可能です。このように口唇・口蓋裂の患者さんの治療は、生まれたときから授乳の問題が起こり、言葉を話すようになると言語治療の必要性が出てくるなど、成長に伴って多くの診療科の協力が必要となってきます。特に歯の矯正治療は、歯列を創り上げていく大事な役割を担うため、矯正歯科医は、口腔外科医や形成外科医との連携・協力体制をきちんと図って治療を勧めていきます。例えば、矯正歯科専門の開業医が、矯正歯科をもたない医科大学などから協力を依頼され、矯正を担当するといった事も数多くあります。