店舗の宣伝方法について

床を整備し棚も揃え、本もびっしりと並べました。 さあ古本屋の開店!となったときに忘れてはいけないのが宣伝です。 どれだけ店舗を立派に整えたとしても、お店にお客さんが来てくれなければ始まりません。

せっかく開店した自慢の店舗に誰ひとり来なかったら悲しいですよね。 そうならないためにも人に知ってもらう必要があるわけですが、問題はどうやって宣伝をするか。 まず思いつくのは新聞の折り込みが多いのではないでしょうか? 実にオーソドックスなやり方と言え、手堅さではピカイチです。

しかしこれだけでは継続的な集客には繋がりませんし、見物に立ち寄っただけのお客で終わってしまいかねません。 そこで提案したいのが電話帳を使う方法です。 今の時代はネットが普及しているため、使う人が減ってきており、特に若い世代では見たこともないといった現状がありますが、 昔なじみのお年寄りや、ネット広告はあまり信用できないという人はまだまだ狙い目です。 必然的にその地域の人々が多く見ることになるので、近場から来店があったり、電話連絡がきたりすることも期待できます。

もちろん今後は何でもスマホで検索という時代になってくるので、古本であれネットで宣伝するのも大事です。 専用のホームページを持つのも有力な方法ですし、TwitterFacebookといったSNSを活用するのもいいかもしれません。 スマホユーザーは若い世代のほうが必然的に多いですが、上の世代の方たちにも少しずつではありますが普及していますし、 時代の流れを考えたら、ネットを使わないのはちょっと損と言ってもいいくらいです。 まずは手堅く新聞の折り込みを使い、電話帳、ネットといった順がベストでしょう。