成人と子供の矯正歯科治療に違い

矯正歯科では大人の場合、子供よりも治療上の制約はありますが、本人の自覚が強い分、治療経過は良好です。成人と子供の時期の矯正歯科治療の一番の違いは、成長発育を利用した骨格のずれができるかどうか、という点にあるでしょう。というのは、咬み合わせや歯並びが悪いといっても、現実的には歯だけの問題ではなく、あごにもおおきな問題があるケースが多いのです。その場合、子供には、早期治療として上下のあごの成長を抑制したり、促したりして治す方法 つまり骨格と歯並びの両面から治していく方法があるのに対し、成長が止まってしまった成人では、歯の移動で治す方法しか取れません。治療効果にも限界があるといわざるを得ないのです。また顎変形症など、成人で明らかに骨格性問題が大きい場合は、外科手術を併用した矯正歯科治療が必要になってきます。上下のあごのずれの改善は子供の時期だけです。子供と比較してデメリットばかりのようですが、実は、成人の矯正歯科治療は治療効果が確実というのが実感です。というのは、矯正歯科治療は期間も長く、日常的に矯正装置を入れたり、毎日の丁寧な歯磨きや定期的な通院が必要になったりと、患者さん本人の努力や根気に負うところが多いのです。成人の患者さんは本人の意識が高く、熱心に取り組まれることが多いため、子供と比べて、高い治療効果が得られていると思います。