日本人は歯のトラブルが多い

むし歯や歯周病は予防できる。むし歯や歯周病などは9割以上が自己責任で回避できるという。口腔内を清潔に保ち、歯肉の状態を改善することで、むし歯や歯周病の増加を劇的に抑えることは個人の努力で可能だからである。もちろん個人の努力と言っても歯科医師や歯科衛生士の定期的なサポートは必要だ。しかし、どれだけ気をつけていても、むし歯や歯周病になる人が全体の5%はいる。これらの人は自己責任の範囲を超えた、かなり重症な患者である。逆に特にケアせずとも、むし歯にならないという人も5%前後いるといわれている。そして残りの数%は、努力次第でむし歯や歯周病にならないという人たちである。 圧倒的に多い、この数%の人たちの歯の健康をどのように守るかが、これからの歯科治療の目的と言っても過言ではないであろう。 アメリカ人はむし歯1本、日本人はむし歯8本 のむし歯の本数は1 本程度、それに比べ日本人(成人)アメリカ人(成人) の場合 は8本程度という統計がある。 欧米成人とのむし歯本数の差について日本では「基本的な予防ができていないこと」、「むし歯になった歯を歯科医が安易に削ってしまうこと」、「治すときに精度の低い治療をしていること」の三原因と言う。一度歯に詰め物をすると、そこに周辺からの漏えいで細菌が入り、またむし歯になってしまう。それを再び削って詰め物をすることを繰り返す。そうすると穴はどんどん ほてつぶつ 大きくなり、次第に大きな補綴物になっていく。これを続けて行くと歯科医にずっと通い続けることになるので、むし歯が治っているとはいえない。