本のコンディションを整えよう

本棚が設置できたら、次のステップに移ります。 あとは本を並べるだけと思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。 古本は新品の書籍と違い、いろいろな人の手を通ってきた歴史あるものです。 当然ベストな状態とは言えず、何かしら不備があるのが普通ではないでしょうか? 中には新品同然のものもないわけではありませんが、たいていは、やっぱり古本なんだなと分かるようなものばかりです。

「古本は独特の古めかしさがあるからこそ良いんだ」という人もいると思います。 もちろん古本の良い部分はそのままにしておいたほうがいいかもしれません。 とはいえ文章中に記入された跡が残っていたり、少しであってもビリッと破れそうになったページがあったりしたら、適切な処置をする必要があります。 たとえば一般的な黒鉛筆で書かれた跡があれば、消しゴムを使って一つずつ取り除いていきます。 消す作業の対処となるのは高値で売れる古本限定です。 記入ヶ所を見つけても、それほど利益にならないような本は処置せずそのまま出してしまいましょう。

「色ペンで書いてあった場合はどうするの?」と疑問に感じる方もいると思います。 高く売れる見込みのある古本なら、可能な限りコンディションを良くしたいですよね。 しかし色ペンの場合は消しゴムで消すことができませんので、処置の施しようがありません。 残念ですがそのまま出すことになります。その際は「この本は中に記入ヶ所がありますよ」という目印のようなものを付けておくと親切です。 書き込みがあるので値段は下げないといけないのが難点ではあります。 古本を並べるときはなるべくベストな状態になるように工夫して整形していってみてくださいね。