歯はその人の履歴書

かぶせた歯があったり、何本か歯が抜けていても、もちろん矯正歯科治療は可能です。むし歯で神経を抜いていたり、金属のかぶせ物があったり、差し歯やブリッジが入っていたりすると「矯正なんか無理」と考えがちですが、そんなことはありません。傷ついて長く持ちそうもない歯、なくなっている歯があった場合も、それらの条件をうまく加味して治療するように計画を立てます。まずは相談して下さい。人工の歯でも矯正装置は付けられます。例えば、奥歯に金属のかぶせものがしてあったり、前歯がセラミックのさし歯だったりした場合ですが、はを動かすために一本一本の歯につけるブラケットは、科に表面処理をして接着剤でつけていくものです。かぶせた歯や、人工の歯の上からでも問題なくつけられるようになってきているので、治療上の不都合はありません。 また、矯正歯科治療では、歯を動かすことで、すき間をなくすことができます。デコボコや出っ歯の治療で、歯をきれいに並べるスペースをつくるために歯を抜くことがありますが、そういったとき、むし歯などで長くもたないような歯があればその歯を抜いたり、なくなっている歯があればそのスペースを利用する、といったことが可能です。