歯周病の治療

成人の患者さんには歯周病のひとが多いのも特徴です。歯肉に炎症があってはれていたりすると、すぐには矯正歯科治療にはいれないので、まず一般歯科で歯周病の炎症を治して、矯正歯科治療が行える口の中を整える必要があります。歯周病が進行して歯の周りの骨が著しく減っていると、矯正歯科治療に耐えられず、治療が困難な事も出てきます。反面、咬み合わせや歯並びの悪さが、歯周病の進行につながっている例もありますので、条件さえ整えば、歯周病の患者さんがその改善のためにも矯正歯科治療を考えることは良い事です。