Uncategorized

ネットが変えた古本取引価格

古本は売り値に対して取り引きのコストが非常に高い商品でした。そこに多くの古本屋が商売を 成り立たせる秘密がありました。 例えば、お客様が三千円である古本を見つけたとします。ほかの古本屋では二千円で売っている可能性がありますが、同じ本を見つけるのにかかった労カにとても見合いません。「ほかの古本屋」を探し出すまでにたくさんの時間を要したとすれば、 そこで、お客様のほうもこの程度の価格の違いは見逃します。昔は、各古本店は価格競争をする 必要がありませんでした。昔は、他の古本屋の価格調査など簡単にできませんでした。したがって価格競争があまりありませんでした。あったとしても、ほとんど変わらない金額でした。二倍ぐらい幅をもたせた範囲が「相場」 でした。商店までの往復や 同じ商品が一つしかないという事情によって、古本はこの取り引きコストが膨大な商品でした。 商人の仕事は取り引きコストの代行ですから、古本を見つけて買ってくる 数が少ないために、探すのが非常に難しいのがそのおもな理由です。買い逃すと再び出合えないレアものや取り引きコストが高い商品は、売る側にとっても売りにくいものです。売る側も買い手を見つけ るのに苦労します。そこで、その分を古本の価格に乗せていました。 ところがインターネットと宅配便によって、この取り引きコストが劇的に下がりました。これらを取り寄せるのには送料がかかりますが、足で歩いて探すのとは比較にならないぐらい楽で 検索サイトでキーボードをたたけば、すぐに全国の古本店の在庫状況を見ることができます。 現在では、苦労して何軒も古本屋を渡り歩かなくても、 ネットの普及によって古書相場がずいぶん下がりましたが、取り引きコストが下がったことによ り、本と読者の出合いが容易になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です